不倫(不貞行為)

不倫とはわかりやすく言うと不貞行為のことです。

不貞行為の定義は、配偶者のある者が自由意志で、配偶者以外の異性との間に性的な関係を結ぶこと、となっています。

性的な関係というと抽象的かもしれませんが、食事に行く、キスをする、程度では該当しません。あくまでも肉体関係の有無が重要になります。

婚姻関係にある夫婦は、協力義務や扶助義務、同居義務などが民法の条文で文言上定められていますが、明言されていない義務として貞操義務があります。

貞操義務を違反する行為としての具体的な行為が不倫(不貞行為)ということになります。

不貞行為とは、貞操義務を守らなければならない婚姻関係にある人間が、配偶者以外の異性と性的関係を持つことをいいます。

不貞は共同不法行為となります。

不倫をされたのが妻であれば、夫の不倫相手に慰謝料を請求することはもちろん、配偶者である夫にも慰謝料を請求することができます。

相手の不倫が理由で離婚になった場合の慰謝料は300万円といわれています。

 

離婚問題で神戸の弁護士をお探しの方へ

一人で悩む必要はありません。
アーク東京法律事務所神戸支店(兵庫県弁護士会)の弁護士が全力で弁護いたします。

離婚問題無料相談実施中!お気軽にお問い合わせください。

神戸支店離婚弁護相談バナー

このページの先頭へ