男の離婚

一般に離婚の場合、妻が金銭を要求する側、夫が金銭を要求される側になります。

具体的に説明します。

例えば、結婚してから貯えた預金が3百万円あり小学生の子どもが一人いたとします。

夫の不倫が理由で妻側の弁護士から財産分与と不倫の慰謝料を合わせて6百万円と離婚を請求されたとします。

夫が弁護士に依頼し6百万円から3百万円に減額でき離婚が成立できたとします。

すると、妻は3百万円を手にすることができます。そしてその中から妻が依頼した弁護士に弁護士費用を支払うことになります。

しかし夫の方は、3百万円の預金がすべてなくなったうえに、夫が依頼した弁護士に弁護士費用を支払わなければなりません。

このように妻は弁護士に依頼してもお金が残るのが一般ですが、夫は弁護士に依頼してもお金が出ていくだけです。

ですから男の離婚での弁護士選びは重要になります。

これは妻が不倫して夫から離婚を請求するという場合も同じです。

今度は不倫の慰謝料を妻に請求する側なので、慰謝料は取れると思われがちですが、一概にそうとは言えません。

これも具体的な例で説明します。

不倫の慰謝料として妻が2百万円支払うことになったとします。ところがマンションの頭金として結婚後に貯めた1千万円の預金があったとします。

そうすると1千万円の半分の5百万円は財産分与として妻が受け取る権利があります。
不倫の慰謝料は2百万円ですから差し引き3百万円を妻が受け取ることになるのです。

つまり、妻の不倫が原因で夫が離婚を請求しても夫から妻に3百万円支払うことになるのです。

このような状況を理解し、弁護士を探せれば、弁護士も安心して依頼を受けることができますが、このような状況を知らないと後々もめる原因になります。

男の離婚で弁護士を探す際にはこのようなこともあることを参考にしてください。

 

離婚問題で神戸の弁護士をお探しの方へ

一人で悩む必要はありません。
アーク東京法律事務所神戸支店(兵庫県弁護士会)の弁護士が全力で弁護いたします。

離婚問題無料相談実施中!お気軽にお問い合わせください。

神戸支店離婚弁護相談バナー

このページの先頭へ